ビジネスフィールド


事業紹介

KTI川田グループは、さまざまな事業分野で付加価値を創造し、社会に安心で快適な生活を提供しています。

事業紹介
  • 鋼製橋梁
  • SCデッキ(合成床版)
  • 建築鉄骨
  • PC橋梁
  • プレビーム桁橋
  • 橋梁補修・補強
  • ハーフプレキャスト
  • 一般建築
  • システム建築
  • プレキャスト建築梁・柱
  • みどりちゃん(屋上緑化)
  • GEOneo(地中熱システム)
  • エコマモール(地下貯水槽)
  • VEパネル
  • 橋梁用伸縮装置
  • 人型2足歩行ロボット
  • NEXTAGE(双腕ロボット)
  • ヘリコプタ
  • 飛行機
  • 土木・建設ソフト

鋼製橋梁(川田工業株式会社)

鋼製橋梁
【事業内容】
鋼材を主材料とした橋梁の設計・製作・建設工事です。 吊橋として世界一の支間長を誇る明石海峡大橋(ギネス認定)や新タコマナローズ橋(米国ワシントン州)をはじめ、台湾新幹線C250工区や東京ゲートブリッジなどの大型トラス橋、首都圏エリアにあるレインボーブリッジや横浜ベイブリッジなど、数多くのビックプロジェクトに参画しています。 また近年採用事例が増えてきている鋼とコンクリートの複合橋梁においても、鋼橋とコンクリート橋の両分野の技術的蓄積を生かしてKTI川田グループとして積極的に参画しています。

SCデッキ(鋼・コンクリート合成床版)(川田工業株式会社)

SCデッキ(鋼・コンクリート合成床版)
【事業内容】
SCデッキは、鋼とコンクリートの合成床版で、橋梁の床構造として車両や人々を直接支える重要な部材です。 SCデッキは、鋼とコンクリートそれぞれの長所を活かした床版形式として、高い耐久性を有し、ライフサイクルコストを抑えることのできる床版として利用が拡大しています。 当社では、時代の要請に応えるべく、鋼・コンクリート合成床版の開発を他社に先駆けて行ってきました。 高い耐久性を保証するための構造や、低コストを可能にするための製作方法改善、さらには、現場での安全施工を確保し工事費を抑えるための現場施工性改善など、細部に至る工夫と配慮によりSCデッキの採用実績は、延べ施工面積にして40万㎡を超えました。

建築鉄骨(川田工業株式会社)

建築鉄骨
【事業内容】
日本有数のランドマークである各種超大型鋼構造物の鉄骨製作から建て方工事まで一貫して行っています。 当社では、鉄構業界のリーダーとして、首都圏エリアでは、東京スカイツリーをはじめ、東京ミッドタウン、モード学園コクーンタワー、六本木ヒルズ、横浜ランドマークタワー、東京都庁などの超高層ビルの建設工事に参画。 得意とする大空間架構建築物の分野では、東京ドームのほか、国内の主要ドーム建設プロジェクトに参画しています。構造物に対する技術と国内最高水準の生産設備で、常に最高品質な建築鉄骨を世に送り出しています。

PC(プレストレスト・コンクリート)橋梁(川田建設株式会社)

PC(プレストレスト・コンクリート)橋梁
【事業内容】
事前に圧縮力を導入したプレストレスト・コンクリート製の桁を使用した橋梁の製造・建設工事です。 鉄筋コンクリート(RC)橋梁とは異なり、PCの技術を用いることによって、「圧縮には強いが引張りには弱い」というコンクリート最大の弱点を克服し、RC橋と比較して支間長を長く伸ばすことが可能です。 さらに、鋼材を主塔から斜めに張る長大スパンの斜張橋では桁高を低く抑えることが可能となり、その分高く桁下空間を利用することができます。 また、主塔の高さを低くしたエクストラドーズド橋は(左写真)、地域の景観性を高めることに役立っています。

プレビーム(鋼・コンクリート合成)桁橋(川田工業株式会社、川田建設株式会社)

プレビーム(鋼・コンクリート合成)桁橋
【事業内容】
プレビームとは、引張りに強い鋼桁と圧縮に強いコンクリートをプレフレクション工法により合成し、コンクリート部にプレストレスを導入したハイブリット桁です。 他形式の桁に比べ非常に低い桁高で設計施工が可能であり、桁高が制限される橋梁に数多く適用され、現在では1000橋以上の実績があります。 他の橋梁形式にない低い桁高であり、複雑な道路線形に対応可能な構造(変断面、バチ形など)、低騒音・低振動、コンクリート桁に比べ軽量、ライフサイクルコスト低減など様々な特長を有します。

橋梁補修(川田工業株式会社、川田建設株式会社)

橋梁補修
【事業内容】
既設橋梁をより強く、より使いやすく、そして私たちの生活環境に優しい橋梁にリニューアルします。 これまでに整備されてきた数多くの橋梁が、今後急速に設計寿命に達する時代を迎え、既設橋梁に対する様々な補修・機能向上などの保全事業が増大していくことは間違いありません。 私たちKTI川田グループでは、予防保全を含めたこれらの補修・機能向上に関する保全技術の開発に取り組み、安全で安心な社会資本の機能を維持していくため、これまでにKTI川田グループとして蓄積した技術と実績を活かし、様々なニーズに応えています。

ハーフプレキャスト(川田建設株式会社)

ハーフプレキャスト
【事業内容】
本技術は、「開かずの踏切の抜本対策」として実施されている連続立体交差事業において、鉄道に隣接する用地取得工程に左右されずに、工場製作したハーフプレキャスト部材を用いて、営業線直上にラーメン形式の鉄道高架橋を安全かつ急速に構築することを可能にしたものです。連続立体交差事業の長期化を解消できる本技術は、安全で効率的な暮らしを行える国土の創造に貢献できる技術です。

一般建築・総合建築(川田工業株式会社)

一般建築・総合建築
【事業内容】
住居やオフィスなどの中低層建築のほか、高さ120mの超高層大仏まで幅広く建築工事を請負っています。 当社では、中高層の一般建築を多数手掛けるだけでなく、鋼構造物のスペシャリストとして世界一の高さを誇る超高層の牛久大仏(ギネス認定)の建設や、産業用建築物である当社独自のシステム建築の開発・製品化など、多様化する市場ニーズに対応しています。 また、環境にもやさしいエコ・ビルディングという新しい価値を建物に付加させるとともに、CFT(コンクリート充填鋼管)造柱などの複合構造を新たなラインアップに加え、お客さまにさらにご満足いただけるより広い意味での「KBS」(川田ビルディングシステム)による建築物の提供を行っています。

システム建築(川田工業株式会社)

システム建築
【事業内容】
「川田工業のシステム建築」は、短工期、高品質、ローコストで大空間低層建物を実現する産業用建築物です。 システム建築工法とは、建物を構成する部材の形状・寸法・接合方法を標準化し、設計から製作、そして施工までを一貫システム化し、徹底的な合理性を追求した建築方式です。 システム建築の本場米国では70年以上の歴史があり、省力化・システム化することでお客さまのニーズに合わせた短工期、高品質、ローコストを実現し、これまで数多くの工場、倉庫、物流センターなどの施工・受注実績を有しています。 加えて、「川田工業のシステム建築」は自由設計で柱の少ない大空間を実現させるという特徴を有しています。

プレキャスト建築梁(柱)(川田建設株式会社)

プレキャスト建築梁(柱)
【事業内容】
RC建築は、基本的には現場で型枠とコンクリートを用いて柱・梁部材を製作しますが(場所打ち)、建物が密集した市街地等の狭隘地では場所打ちが不可能な場合、当社の工場にて部材を製作して現場に搬入します。 これにより、部材の量産化のみならず、高度な技術を要する部材製品の効率的な提供が可能となり、更に工期の短縮と現場作業環境の改善も図ることができます。 当社の代表的な製品として、建築用プレビーム梁や超高強度の柱・梁部材等の拡販に努めております。

みどりちゃん(屋上・屋根緑化システム)(川田工業株式会社)

みどりちゃん(屋上・屋根緑化システム)
【事業内容】
一般的な国内の気象条件では水やりの必要がない本格的な庭園を屋上に造ることができます。 当社の無灌水型みどりちゃん(雨水循環型緑化システム)を採用することによって、水やり作業を省略するだけでなく、潅水装置を不要にすることでランニングコストが抑えられます。 また、原材料には環境にやさしいエコ製品やリサイクル材を活用しており、緑化面積を増やすことでヒートアイランド現象を緩和する効果もあります。

GEOneo®(地中熱源ヒートポンプシステム)(川田工業株式会社)

GEOneo®(地中熱源ヒートポンプシステム)
【事業内容】
GEOneo(ジオ・ネオ)は、地中と外気の温度差を利用した地中熱源ヒートポンプシステムです。 当社のGEOneoは、石油・石炭などの化石燃料を使用しないため、CO2の排出を抑制するだけでなく、ヒートポンプを用いた高効率な運転を行うことにより電力消費量の大幅な削減ができる省エネルギー性に優れた空調システムです。 従来システムにくらべ、稼動コスト(電気代換算)、CO2排出量を削減する効果に加え大気中に排熱しないため、ヒートアイランド現象を緩和する効果もあります。

エコマモール(地下貯水槽)(川田工業株式会社、川田建設株式会社)

エコマモール(地下貯水槽)
【事業内容】
都市部や人口密集エリアにおいて、雨水を一時的に地下に貯留することで、都市環境や人々の生活を水害から守る貯水施設です。 川田工業と川田建設では、PC橋梁とプレキャスト建築梁(柱)の技術である主要部材のプレキャスト化と屋根部材などの部材接合にピン構造を採用することで、現場工期の短縮を図ったエコマモールを開発しました。 学校グラウンドなどの公共用地の地下に設置し、雨水対策といった目的と合わせて、防火用水、施設のトイレ用水など利水や保水、環境面への寄与も期待できる機能性を持たせることも可能です。

VEパネル(川田工業株式会社)

VEパネル
【事業内容】
 琺瑯処理は、日本国内では一般的にシステムキッチンや食器といった家庭用品で多く使われています。 琺瑯が持つキズや汚れに強く清掃が容易な特性を活かし建築外装材に応用したものが「VEパネル」です。
香港、シンガポールなどでは道路トンネル内壁、地下鉄駅構内の壁・柱などに多数採用事例があり、日本国内においても近年導入が増えています。 競合商品は安価なアルミパネルですが、「VEパネル」はメンテナンスの容易性や耐久性に優れていることから、ライフサイクルコスト比較によるメリットをPRしています。
また、パネル表面には多彩なグラフィック処理を施すことが可能であり、意匠性に富む設計も可能です。

橋梁用伸縮装置(株式会社橋梁メンテナンス)

橋梁用伸縮装置
【事業内容】
橋梁用伸縮装置(ジョイント)は、橋梁通行時の振動や季節による温度変化など様々な状況で発生する橋梁の伸縮を吸収し、車両や人々の安全な通行を確保する道路部材です。 当社では、疲労試験や耐久性の確認を行い、伸縮装置の要求性能である「走行上の安定性」「静的および動的耐久力」「移動量の確保」「止水性」「低騒音・低振動」を満たすアルミ合金製の「KMAジョイント」を開発し、2006年にはグットデザイン賞を授賞しています。 また、環境にやさしいアルミ合金製のKMAジョイントだけでなく、鋼製のKMSジョイントなどのバリエーション展開も実施しており、快適な社会づくりに貢献しています。

人型二足歩行ロボット(カワダロボティクス株式会社)

人間型二足歩行ロボット
【事業内容】
HRPシリーズは、人間と同じサイズで二足歩行ができるだけでなく、自力で立ち上がることができるなど、世界トップレベルの研究開発用ヒューマノイドロボットです。 当社では、世界最高レベルのヒューマノイドロボットをフラッグシップとする高度なメカトロ技術を有しています。 その中で、HRP-4は、ロボットの安全要求に配慮して、すべての関節軸に80 W以下のモーターを採用するなど、新しい働く人型ロボット研究開発用プラットフォームとして、大学・研究機関に提供をしております。

NEXTAGE®(カワダロボティクス株式会社)

NEXTAGE®
【事業内容】
次世代産業用ロボットNEXTAGE(ネクステージ)は、ヒトと共存して働くことを目指して開発された製造現場用途向けの作業ロボットです。全ての可動軸を低出力のアクチュエータで構成し、画像認識技術の利用による治具レス・簡便設置が特長で、セル生産や多品種少量生産ラインの頻繁なレイアウト換えに容易に対応できる、汎用性に富んだロボットシステムです。安全を確保しながら生産性を向上させるNEXTAGE を数多くの製造現場にお届けしています。

航空機(ヘリコプタ)(東邦航空株式会社)

航空機(ヘリコプタ)
【事業内容】
報道や救難救助の現場で活躍するだけでなく、世界でも数少ないヘリ・コミューターとして、伊豆諸島の島々を結ぶ定期便(東京愛らんどジャトル)として日々活躍しています。 当社では、コミューター・路線運航、建設工事、航空緑化、報道取材・映像制作支援、救命医療搬送、測量・調査・農林防除・訓練など様々なヘリコプタを使用した安全で安心できる航空サービスを提供しています。

航空機(飛行機)(新中央株式会社)

航空機(飛行機)
【事業内容】
東京(調布)と伊豆諸島を結ぶ定期航空路線や遊覧飛行、航空写真撮影などで活躍しています。竜ヶ崎飛行場では経験豊富な操縦教官のもと、飛行機の各種ライセンスにチャレンジできる小型機操縦訓練や東京上空を中心とした首都圏エリアの遊覧飛行なども実施しています。また、松本空港においては遊覧飛行だけでなく企業からの航空機運航を委託されビジネスのスピード化にあわせた人員輸送サービスを行うなど、航空サービスで安全・安心・快適を皆さまに提供しています。

ICT/土木・建設ソフトウェア(川田テクノシステム株式会社)

ICT/土木・建設ソフトウェア
【事業内容】
建設・コンサルタント業界を中心にICTで支援しています。土木構造物の計画検討、設計、施工に関わる技術計算ソフトウェア・CADのパッケージ販売や橋梁の受託設計を主体とした「エンジニアリングソリューション」と、Web上での情報共有サービスや基幹系システムの開発、モバイル環境の構築など、情報をより効率的にかつ有機的に活用することを主体とした「ICTソリューションサービス」を展開し、あらゆるシーンでお役に立っています。

KTI川田グループについて

KTI川田グループは、鋼製橋梁、PC橋梁、建築鉄骨、一般建築・システム建築、土木建設関連ソフトウェア開発などを主たる事業として経営する企業集団です。

技術&研究開発

全社的な技術ネットワークの構築とデータの集約・共有化により、開発スピードのアップと独創的な技術開発を可能にしています。

KTI川田グループ企業

グループ全体最適を追求し、企業価値を最大化できる経営体制を構築します。


ページTOPへ戻る