ブランドストーリー


川田テクノロジーズの社名の由来

KTI川田グループの基幹企業である川田工業はもとより、川田グループ各社は「技術力」をもって社会に貢献していると自負しております。グループのリーダーとして、 KTI川田グループ全体を統率するにあたり「私たちは技術力で社会に貢献する企業集団となる」との意思として「川田テクノロジーズ株式会社」と命名しました。


KTI川田グループ:ビジュアルアイデンティティー(VI)構築

KTI川田グループ(川田テクノロジーズ)では、グループ理念である「安心で快適な生活環境の創造」を実現するために、グループ全体で統一的ブランドマネジメントを実行していきます。
その一環として、KTI川田グループを視覚的に表現するビジュアルアイデンティティー(以下VI)の構築に取り組みます。

1.VI構築の基本要素

(1)シンボルマーク

川田テクノロジーズ・シンボルマーク
KTI川田グループ・シンボルマーク

シンボルマークは、社名「KAWADA TECHNOLOGIES, INC.」の頭文字「K」「T」「I」をモチーフにしています。 信頼と安心を感じさせる「KTI」のフォルムを貫く3つのラインは、様々な分野における先進的な技術力を表現することに加え、その技術に支えられた確かな事業を象徴しています。 また、「I」は「INC.」であるとともに「Intelligence」を意図し、新たな「KAWADA」の技術力の源泉を表現しています。


(2)社名ロゴタイプ

和文表示
英文表示

英文社名・和文社名ともに、安定感と力強さを感じさせるフォルムをベースに、太さのほぼ均一なゴシック系書体を使いながら、払いや撥ねを鋭角にデザイン処理することで、技術の高さを表現した理知的でスマートなロゴタイプです。
「シンボルマーク」とよく親和するよう新たに開発された、「川田テクノロジーズ」独自のロゴタイプです。


(3)シンボルカラー

二色のカラーで表現されるシンボルカラーは、それぞれが目指すべき企業イメージとKTI川田グループの企業理念を象徴するとともに、その調和が生み出す新たなKTI川田グループの飛躍を表しています。

[1] KTブルー(DIC221):
KTブルーは、「知恵・探求・クリエイティブ」という企業イメージを表すとともに、KTI川田グループ企業理念を象徴しています。
[2] Iブルー(DIC426):
Iブルーは、「安全・自然・環境」という企業イメージを表すとともに、KTI川田グループ企業理念を象徴しています。

2.VIの適用

名刺・封筒類・看板などコーポレートブランドを表すものに適用していきます。 また、各事業セクターを営む各社企業ロゴについてはKTI川田グループシンボルマークを活用したグループデザインにしていきます。


ページTOPへ戻る